更年期障害治療が得意な鍼灸院です!

更年期障害を本気で治す鍼灸院です!!

 

top1.PNG

院長の横幕です

はじめまして。横幕鍼灸院の院長、横幕胤和です。

私どもは 更年期障害治療を得意とし、200例以上の実績を持っております。

近年、40代〜50代の女性を中心に、更年期障害による めまい耳鳴り身体のだるさに悩む方が増えています。

中には

  • イライラしたり、急に不安になったりで、家事や仕事が手につかない

というように日常生活に支障が出ている方も少なくありません。

調子が悪くて気分が晴れないのに、家族、職場へかけた迷惑のことを考えてしまって、さらに気分が落ち込んでしまう方もいらっしゃることでしょう。

top2.JPG

鍼灸師の小澤です

また、

  • 病院から処方された薬の中に、精神安定剤などの薬がある

ということに、ショックを受ける方もいらっしゃいます。「もしかして私は精神病になってしまったのでは?」あるいは「精神病と思われている」のではないか……深くお悩みになる方もおられます。

◆なぜ病院では症状が良くならないのか?

 患者さんの多くは、めまいや耳鳴り、倦怠感などの不調を感じると、まずは病院にかかります。ところが病院へ1年、2年と長い間通院し、薬を飲み続けていても症状がちっともに良くならないという方が後を絶ちません。

 

なぜ症状が良くならないかというと、病院では更年期障害の根本原因の治療を行っていない場合があるから。今出ている症状を一時的に抑える薬は処方してくれるのですが、根本的な治療は行ってくれないので、いつまでたっても良くならないのです。

 

なぜ根本的な治療を行ってくれないのかというと、それは「原因がよく分からない」から。

実は、更年期障害の原因のほとんどは、の内部の炎症なのですが、病院ではこの原因を突き止めることができないのです。

 

更年期障害では、耳の内耳と呼ばれる部分に炎症が起き、それが原因でめまい、耳鳴り、だるさといった症状が出ます。 


ところが、骨の中にある内耳は、とても小さな器官であるため、病院レントゲンCTを使って検査をしても中の炎症を発見することができません。異常が分からないと、病院では症状を抑えるしか出せないので、根本的な解決ならない。だからいつまでたっても治らないのです。

 

◆当院の治療では小さな不調も見つけられる 

top_tiryo.jpgその点当院が行う「触診」なら、レントゲンではわからない小さな不調を見つけることができます。

 

神経学に基づいた丹念な触診によって、皮膚にあらわれる体内の好調、不調を発見することができるので、耳の中にある小さな器官の不調を見逃すことがありません。

 

そして不調の原因を触診でつきとめることができれば、次はその原因を取り除くために鍼灸治療を施します。内耳の状態を改善する部分に鍼をうつことで、更年期障害の根本原因を取り除くのです。

炎症がおさまれば、耳鳴り、めまい、だるさといった体の症状もなくなりますし、今まで感じていたイライラや不安といった精神的な症状も治まっていきます。

 

→ なぜ鍼灸治療で治るのか?その理由はこちらへ

 

もちろん鍼灸による治療であれば、病院と違って薬をのむ必要はありません

病院に1年以上通って薬を飲み続けたのに、いっこうに治らなかった患者さんが、当院の鍼灸治療を受けたら1〜2週間で治った、そんな例が数多くあります。

 

  • 1年以上病院で治療を受けているのに治らない。
  • 長らく飲み続けているのに治らない

もしもこのようなお悩みをお持ちでしたら、ぜひ一度当院にご相談ください。

 

当院の鍼灸で治る主な症状

・動悸(ドキドキする) ・胸がざわざわする ・息切れ・息苦しさ 

・ほてり・のぼせ ・頭痛 ・めまい ・耳鳴り ・吐き気 

・手足や体全体のしびれ ・イライラ感 ・不安感 

・気分の落ち込み ・不眠 ・だるさ ・冷え性 ・食欲不振

上記以外の症状も治療可能です。お気軽にご相談ください。

 

数多くの更年期障害患者さんの鍼灸治療の実績がある当院なら、きっとあなたのお役に立てることと思います。


更年期障害でお悩みの方を、一人でも多くお助けできれば幸いです。

▲このページのトップに戻る